更新日:2021.05.24

海外貿易取引には様々な決済方法がありますが、急速に進むグローバル化に比例して、スピード決済が主流となってきています。

T/T送金、少額ならPaypal決済、L/C決済やD/P決済 etc… 中でもL/C決済が減少している傾向は時代の流れですね。

当社は現地パートナーの存在の強みを活かしたT/T決済が主要となっておりますが、今後の決済方法のトレンドにはやはりアンテナを張っています。

特に電子マネーの分野で世界トップを意識している中国とのディールには敏感になりますが、ここ数日のビットコインの動きを見る限り、貿易取引の主流として定着するまでにはリスクマネジメントがマストですね。

イーロン・マスクの口にマスクを!おやじギャグも投資家には通じない現状・・・

ページトップへ